地獄茶会2018

2018年4月14日〜15日

みたか井心亭/ 三鷹市

2013年に始まった地獄茶会も4回を迎え、地獄世界の進化がスペクタクルになり、一度、「地獄と向き合う」原点に帰るべく、最初の場所に戻った会となった。

当初、「閻魔」として独立していた存在が、最初の間では骸、次の場では裁きを下すもの、最後の場では光明(阿弥陀仏)という、回遊の場において、それぞれの化身で参加者に寄り添うものとなった。それぞれの化身は各部屋に設えられた、赤→白→黄色に変化するグロリオサの花の色に表現されており、気づく人は気づいていたかもしれない、というしつらいが各所に施されていた。

 

仏の教えとはいえ、宗派によって異なる解釈を持つ浄土宗、禅宗、浄土真宗の3宗派による僧侶の説法は、「かくあるべし」でななく、グローバルな仏の教えに基づいたもので、一服の場は和やかな空気に包まれたものであった。

今回の、罪を記したパズルピースは、すべてのものを一旦オブジェとして再構築したのち、お炊き上げされる予定である。

劇場茶会の演出は「その場の臨場感」を第一に企画しています。

こちらにアップしている写真以外で、当日参加のかたのみお楽しみいただけるしつらいがまだまだございます。
どうぞ、その時、その場に足をお運びください。
​今後ともよろしくお願い申し上げます。