劇場茶会2016: お焚き上げ茶会

日時: 2016年12月17日

場所: 蟠龍寺/目黒区

2月に行われた地獄茶会2016にて、参加者の皆様に
お書きいただいた十悪の書を、吉田和尚様の御自坊で

お焚き上げいただきました。
本堂での和尚様によるおはなしの後、境内の墓地へ移動。

特別に設えられた壇にて、お焚き上げの儀式が行われました。

師走の空に上がる浄罪の炎。屋外で拝聴する読経は、格別の感がありました。
 

参加者250有余名の書を炊き上げた後は、座敷にしつらえられた茶席にて、法話のひととき。

「立てた目標のすべてを達成しようとは思わず、7割でよしとする。100%を目指そうとすると、​120%への欲がでる。

達成したことへの満足を大切にし、感謝してひびを過ごしましょう。一つ一つを積み重ねていくうちに、いつか、最初の目標を超えていることでしょう」というお話から、法然さんの逸話まで、わかりやすくお話しくださいました。

参加の皆様からの活発な質問等もあり、和やかな雰囲気の中でのひとときでした。

蟠龍寺の本堂
蟠龍寺の本堂
press to zoom
お焚き上げの始まり
お焚き上げの始まり
press to zoom
1枚ずつ焚き上げていきます
1枚ずつ焚き上げていきます
press to zoom
誦経とともに
誦経とともに
press to zoom
和室にて
和室にて
press to zoom
菓子
菓子

来年の福を願うひよこの練りきり

press to zoom

お土産には、これからのご縁を祈ってのご縁守りと、唐辛子のあられ。

これは「閻魔女王様」が日頃食べておられるもので、本日のお焚き上げの和やかムードの中にも

「初心忘るるベカr図」というメッセージを込めて、お遣わしになったものでございます。

2月にお配りした「椿のタネ」の形も思わせるものになっています。

食べるか、そのまま持っていらっしゃるかは、皆様の御心のままに。

いつかまた、地獄でお会いいたしましょう・・・

                                    地獄茶会2016 実行委員会