古事記茶会2019

ー天岩戸の段ー

2019年6月22日〜23日

妙深庵/ 世田谷区
燦々と輝く。。。今茶会特製の。。。
茶会記のコピー.jpg

令和元年、6年ぶりの古事記茶会。このたびのテーマは「天岩戸の段」。

弟のスサノオの乱暴狼藉に業を煮やした天照大神の話は何を象徴しているのか。

このたびは参加者の皆様に「天照大神が岩戸に篭った後、困り果てて天安河原に集った神」になっていただきました。硬く閉じられた岩戸は力持ちの天手力男命(アメノタヂカラオノミコト=タヂカラヲ)の怪力をもってもビクとも動きません。

閉じられた扉を開けるのは、集った人々が心を合わせること。。。

古事記では天鈿女命(アメノウズメノミコト=ウズメ)がセクシーな踊りを披露し、神々のどっと湧いた声によって天照大神が出てくる。。。という

話は、劇場茶会ではどうなるのか。
それは参加の皆様だけがご存知です。おまじないは「Rock you OUT!」。

​無事に天岩戸の扉が開いた後の茶会では、1日目は常陸国総社宮の石崎貴比古さん、2日目は臨済宗陽岳寺の向井真人上人より、お話がありました。普段「神も仏もあまり区別がわからない。。。」という私たち(もちろん、とてもお詳しい方もいらっしゃいますが)にとって、古事記という日本最古の歴史書を、それぞれのお立場からお話くださり、神も仏も仲良く共存するこの国というものを考える良いひと時となりました。


劇場茶会の演出は「その場の臨場感」を第一に企画しています。

こちらにアップしている写真以外で、当日参加のかたのみお楽しみいただけるしつらいがまだまだございます。
どうぞ、その時、その場に足をお運びください。
​今後ともよろしくお願い申し上げます。

* お迎えの神々 *

小日孁貴
小日孁貴

AyAko 地獄から高天原まで。時空を超えて存在する女神。今回は大日孁貴(天照大神の別名)の妹分として登場。

天名読女神
天名読女神

相賀由紀子 高千穂からのインスピレーションを受けた、神名読みの声音。二人点前のおもてなしも司る女神。

天名渡女神
天名渡女神

石谷美里 弥生時代の土器のような繊細な水瓶作り。また二人点前のおもてなしを司る女神。

天語導比古神
天語導比古神

高田那由太 このポーズが何を表現しているか。。。参加されたかたはお分かりですね! ポジティブトーク&シンギングの神です!

天手力男命
天手力男命

油絵博士 岩戸釜からの光が効果的に暗闇に湧く。。力自慢から造形まで多彩な神。

天鈿女命
天鈿女命

山口日菜子 高千穂神楽の気を受けて舞う、手跡も見事な、清楚なお色気の女神。

天迎鼓打女神
天迎鼓打女神

大久保雅子 待合にて皆様をお迎え、そのあとは撥を握って、日頃の太鼓の練習の成果を披露する男前な女神。

天迎受比古神
天迎受比古神

斉藤有吾 待合から場面転換まで、守備範囲広く、マルチ活躍の神。

天迎鼓響女神
天迎鼓響女神

愛木智香子 得意はフルート。。。が、当日は太鼓のバチに持ち替えてリズミカルなビートを披露するノリの良い女神。

天御台所司女神
天御台所司女神

諏訪由紀子 彼女がいなくては劇場茶会は成り立たない。。。茶会の進行を取り仕切る水屋の女神。

天言伝司女神
天言伝司女神

窪田智恵子 英語、日本語を自在に操るコミュニケーションの女神。

天創楽女神
天創楽女神

藤本ゆかり 衣装から、茶器、茶会記まで、支配人という名のよろず屋の神。